前へ
次へ

定期的に健康診断を受けることの大事さ

医療というと、身体の不調に気づいて病院に行き、治療を受けるという流れをイメージする人が多いと思いますが、最近では予防医学ということも注目されています。
これは、身体に異変がなくても健康診断などを積極的に受診して、自覚症状が起きる前に病気のサインを見つけるもの、あるいは診断結果を参考に病気のリスクを取り除いていくというものです。
社会人においては一度病気になると、症状によっては仕事を長期休養しなければならないこともあり、企業にとってもダメージが大きくなります。
そこで、企業によっては積極的に人間ドックなどの受診を勧めているケースもあります。
企業側から受診に必要な費用が支給されることもあります。
このように大きな病気になる前に、こまめに人間ドックや健康診断を受けることは各個人にとっても身体的な負担は小さくなることはもちろん、社会全体にもメリットがあると言えます。
なので、定期的に受診することがポイントと言えます。

Page Top